コーチのプロフィール

国内外で活躍!本場の音楽をあなたへ

名前:栗田 光浩(ギターコーチ MITSU )

1974年 宮城県生まれ。
15才よりギターを始める。

トライアード音楽学院で基本的な音楽理論・技術を2年間学び、その後、渡米。
ニューヨークで3年間の音楽活動をする。

帰国後は、NHK番組レギュラー出演(作曲/演奏担当)、全国ツアー、音楽誌の連載など経験あり。

 

アメリカでの略歴

ニューヨークに拠点をおき、黒人ブルースマンFloyd Leeバンドに所属。
アメリカ東海岸を中心にクラブ、フェスティバル、テレビ出演など演奏経験多数。

ハーレムでJAZZを学び、各国のミュージシャンとセッションでギターの腕を磨く。


ドリアン助川氏(作家、詩人)とロックバンド「AND SUN SUI CHIE」を結成し、マンハッタンのライブハウス出演。

ハノイ・ロックスのSAMI YAFFAバンドなど多数のロックバンドと共演。


ニューヨークで開催された「911テロ犠牲者に捧げるハドソン川灯籠流し」へ出演。

その他、ニューヨーク本願寺、日系の県人会など演奏会出演。

 


◆メディア出演

「全米ネットワークTV」
「コマーシャル」
「ドキュメンタリー映画」
「地球の暮らし方」など多数。

 

日本での略歴

NHK総合の番組に1年間レギュラー出演。
作曲と演奏を担当。

その他、ラジオ出演などメディア出演多数。


東京両国の劇場「シアターX」で公演されたミュージカル「僕のフロイドリー物語 ~NYで黒人音楽に魅かれた青年ミュージシャン~」へ出演。

ドリアン助川とMITSUの道化師ミュージカル「アルルカン洋菓子店」を結成。
全国の劇場、ライブハウス、養護施設、小学校、お寺などで公演多数。

FLOYD LEE(フロイド・リー)ジャパン・ツアー出演。

YAMAHA音楽誌「音遊人(みゅーじん)」でエッセイを10年間連載(2006~2015年)

その他、多くの音楽誌やメディアで執筆経験あり。

 


アルバムは海外で1枚、国内で4枚発売。その他、多数のレコーディング参加経験あり。

 

~「ギター初心者」「ギターが大好きな人」へのメッセージ~

 

ギター初心者上達しない理由1つしかありません。

 

それは当たり前の事なのですが、「ギターを弾かなくなる」からです。

 

途中で飽きたり、

指が痛くて辛くなったり、

指の動きが難しくて挫折したり、

綺麗な音が鳴らなくてイヤになったり、etc…

理由はいろいろあると思いますが、簡単に言うと「続かない」のです。

 

そう、わかっちゃいるけど「続かない…」

 

逆に言えば、「挫折せずに楽しく弾き続ければ、誰でも上達します

 

スケール、早弾き、音楽理論など、一生懸命練習するのも大切なのですが、

みなさん全員がプロになりたい訳ではないですし、

あまり無理せず、肩の力を抜いて、

楽しくギターと接するのが一番良いのでは?

 

とは言っても、どうすれば良いのか。

 

毎日の生活で、

「歯を磨いたり」「ゴハンを食べたり」「シャワーを浴びたり」する生活リズムの中に、

ギターで遊ぶ

という時間を少しだけ(15分)入れてみてはどうでしょう。

 

もし仕事が忙しくて、ギターで15分遊べない日があったとしたら、

好きな曲をギターで弾く自分の姿をイメージする。

 

これなら、できそうでしょ?

 

こんな事だけで、

ギターを弾いたり考えたりすることが習慣になり、

体が勝手に覚えていくので、少しづつですが確実に上達します。

 

なぜ、習慣にするのが大切か?

 

私は、10代の頃からアメリカの音楽が大好きでした。

ロックもそうですが、特にブルース、ソウル、ジャズなどのブラック・ミュージックが好きで、

「どうやったら、こんな風がギターを弾けるのだろう?」

「アメリカで、毎日ギターを弾けたら楽しいだろうな~。」

とずっと思っていました。

 

でも途中で、「思うだけ」に飽きてきたので

24歳の時にフェンダー・ストラトキャスター1本と、スーツケース1つだけ持って、

後先は何も考えず、1人でニューヨークに引越しました(笑)

 

ニューヨークでは、ハーレムという地区に住んでいたのですが、

住んでいたといっても、

ミシシッピ生まれのブルースマンFLOYD LEE(フロイド・リー)の家に居候し、

ほぼ毎日一緒に演奏する生活を3年くらい続けました。

お金を稼ぐために演奏していた、という部分もありますが、、、

「ただ楽しかった」から演奏し続けた、というのが正直なところです 。

 

この3年間は、他にもいろいろと楽しいことがあったのですが、

生活していてすごく感じたのは、

「人種に関係なく、音楽がそこらじゅうにあって、音楽と共に生活している

ということ。

 

楽しかったら歌うし、

楽器を持っていれば演奏するし、

演奏している人を見つけたら演奏に参加してジャムったり、一緒に盛り上がる。

そこが、たとえストリートでも、地下鉄構内でも、

電車の中でも、家でも、関係なくね。

 

ニューヨークは、すごく面白い街なんですよ。

音楽好きにとっては、音楽が身近にあると、それだけで毎日が純粋に楽しい。

こういう環境にいると、音楽は生活の一部になり、

ギターを弾くことが特別な事ではなくなる。

 

だから、別にニューヨークに住んでいなくても、

頭の中に「毎日15分間、自分だけのニューヨーク」を創造すれば、

(別にニューヨークじゃなくても、ロンドンでも、アフリカでも、自分が楽しめる場所ね)

音楽やギターを生活の一部にする思考回路が新たに生まれて、

ギターの練習が面倒くさい日でも挫折しないで弾けるんじゃないかな?

 

少しだけイメージしてみて。

 

ある日ニューヨークの街を散歩していたら、ストリートでギターを弾いている人がいた。

すると、ギタリストを囲んで5~6人が集まり、

ドラムのリズム代わりに、手拍子をとりはじめた。

 

ちょっと面白そうなので、輪にまざり手拍子に参加する。

 

そこに、たまたま通りかかった年配の女性が、

ギターと手拍子にのせてソウルフルな声で歌いだす♪

 

その歌声に反応したギターは、

即興で16ビートのカッティングを歌に合わせ盛り上げる。

 

ギターと手拍子と歌のグルーブは、どんどん広がり、

通行人も巻き込み、みんな踊りだす♪

 

どんどん、どんどん、テンションが上がり、盛上がりは最高潮に♪♪

気がつくと、興奮のまま演奏は終わっていた。

 

そして家に帰ると、部屋の隅においてあるギターに自然と手がのびる…。

 

ちょっとだけ、ワクワクするでしょ?

 

こういうイメージを毎日15分するだけで、

ギターの練習が面倒くさい日でも不思議と「ギターを弾き続けられる」ものなのですよ。

(「そんな訳ないだろう!」と思うかもしれませんが、騙されたと思って一度試してみて!)

 

他にもいろいろ「無理なくギターを続けるコツ」を知っているのですが、

話が長くなるので、またの機会に。

 

あなたにお会いして、一緒に「ギターが弾ける日」を楽しみに待っています♪

ギターコーチ栗田(MITSU)